中2〜高1|入部セレクション付き! カナダ高校留学視察ツアー2022

中2〜高1|入部セレクション付き! カナダ高校留学視察ツアー2022
中2〜高1|入部セレクション付き! カナダ高校留学視察ツアー2022
募集終了

安全で教育水準の高いカナダの高校でプレーする!

安全で教育水準の高いカナダの高校でプレーする!
カナダ高校野球留学視察ツアーは、海外高校野球留学を検討している中高生を対象にした、野球先進国カナダの高校野球留学を自分の肌で感じることのできるプログラムです。大都市バンクーバーを訪問し、市内の高校キャンパス見学や留学担当者との面談、また強豪クラブチームの練習に参加し、2023年度の入学・入部を目指します。現地日本人スタッフが到着から帰国まで送迎や通訳など完全サポートしますので、海外が初めての学生も安心してご参加いただけます。中学卒業後、または高校編入をお考えの方には、おススメの視察ツアーです。

ここがオススメ 5つのポイント!

強豪高校クラブチーム体験入部

カナダ最高峰の高校リーグに挑戦!

プロコーチ陣のメジャー流レッスン

カナダで通用する技術とトレーニングを習得!

キャンパス見学と市内観光

留学候補地を徹底的に視察!

カナダ人宅にホームステイ

留学生活の雰囲気をリアルに体験!

日本人スタッフが完全サポート

送迎や通訳など初めての海外でも安心!

¥318,000 (税込)

受付終了

お電話でのお問い合わせ窓口

[東京本社]海外事業部 海外留学事業グループ

03-6667-0229 受付:月〜金 10:00~17:00

スケジュール

日数 日付 午前 午後 宿泊 食事
1 9/17
(土)
バンクーバー
空港到着
現地スタッフと
ミーティング
ホーム
ステイ
朝 ✖
昼 ○
夕 ○
2
9/18
(日)
ファミリー
と自由時間
試合視察

プロコーチの
レッスン
ホーム
ステイ
朝 ○
昼 ○
夕 ○
 3 9/19
(月)
デルタ学区
高校見学
デルタ市内観光

ブルージェイズ
練習参加
ホーム
ステイ
朝 ○
昼 ○
夕 ○
4 9/20
(火)
語学学校
体験入学
語学学校
体験入学

プロコーチの
レッスン
ホーム
ステイ
朝 ○
昼 ○
夕 ○
9/21
(水)
アボツフォード
高校見学
カージナルス
練習参加

アボツフォード
市内観光
ホーム
ステイ
朝 ○
昼 ○
夕 ○
6 9/22
(木)
米シアトル観光ツアー
セーフィコフィールドツア
アウトレットモールなど
 ホーム
ステイ
朝 ○
昼 ○
夕 ○
7 9/23
(金)
サレー学区
高校見学
サレー市内観光

チーフス
練習参加
ホーム
ステイ
朝 ○
昼 ○
夕 ○
8 9/24
(土)
バンクーバー
空港へ
バンクーバー
空港出発
(9/25帰国)
機内  朝 ○
昼 機
夕 機
  • 空港とホームステイ先、学校や野球場などへの移動は全て送迎となります。
  • 空港とホームステイ先、学校や野球場などへの移動は全て送迎となります。
  • ホームステイ先は1日3食付で1家に1~2人で滞在します。
  • 朝食・夕食はホストファミリーと一緒に楽しみます。
  • 昼食はホストが用意したランチバックを楽しみます。
  • ユニフォームなどの洗濯は、ホストが洗います。
  • ツアーのスケジュールは変更することがあります。
成田空港までの交通アクセス

最寄りの各空港から羽田空港までの往復は国内線の利用をおすすめします。
また、最寄りのターミナル駅から羽田空港駅までの往復は新幹線と特急電車の利用をおすすめします。
詳細は、お問い合わせください。

ツアー期間

2022年9月17日(土)~9月25日(日)の7泊9日

対象者

・高校野球留学を検討している中学2年生~中学3年生
・現在高校に通っている高校1年生
・高校を退学して野球留学をしたい高校1年生
*野球経験要、英語力不問
*中学1年生及び高校2年生の方はご相談ください。

滞在場所

カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバー

宿泊形態

ホームステイ
ホストファミリーは、日本の文化・習慣などに大変興味を持ち、旅行で日本に訪れたことがあるなどの「親日家」のファミリーです。家族構成・職業・趣味・連絡先・家族写真等を掲載した「ホストファミリーご案内書」を、出発の1週間前を目途にご案内します。

添乗スタッフ

出発時と帰国時は航空会社職員が参加者のみなさまをサポートします(機内での税関書類等の記入や出入国審査のお手伝いをしてくれます)。また職員はバンクーバー空港で待機している現地日本人スタッフと合流するまで添乗してくれます。バンクーバー滞在中は日本人スタッフがフルサポート致します。

参加費用

318,000円(税込)
*別途、海外航空券の手配はお問い合わせください。

申込期限

2022年8月26日(月)

参加費用に
含まれるもの

・ ツアー期間中の宿泊代  ・ クラブチーム活動費
・ ツアー期間中の食事代  ・ 野球のレッスン代金
・ ツアー期間中の送迎代  ・ 英語のレッスン代金
・ シアトルツアー参加代  ・ スタジアムツアー代金

参加費用に
含まれないもの

・ 海外往復航空券  ・ 諸税、燃油サーチャージ等
・ 手荷物超過料金  ・ パスポート取得に関する費用
・ 日本国内交通費  ・ eTA申請代金
・ 海外旅行傷害保険 ・ 個人的な支出(お土産代等)

バンクーバー
までのアクセス

羽田空港からバンクーバー空港までの往復の移動は、全日空の海外航空券を利用します。現地までの海外航空券の手配は当社でも可能ですので、ご希望の方はお問い合わせください。

■羽田空港までのアクセス

・ 大阪方面   伊丹空港-羽田空港
・ 名古屋方面  名古屋空港-羽田空港
・ 札幌方面   千歳空港-羽田空港
・ 仙台方面   仙台空港-羽田空港
・ 石川方面   小松空港-羽田空港
・ 広島方面   広島空港-羽田空港
・ 福岡方面   福岡空港-羽田空港 など

安心して
留学をするために①

日常と環境が異なる場所に、お子さまを安心してお預けいただくために、ツアー期間中の様子を、弊社野球長期留学ブログまたはフェイスブックにて報告します。当日の練習や英語のレッスンなどの様子を翌日までに、数枚の写真と説明文でご報告します。

安心して
留学をするために②

環境や習慣の異なる異国で安心して生活するために、予期せぬトラブルに対応でできる保険に加入します。総じて高額といわれるアメリカの医療費や思わぬ事故・盗難被害や破損事故など、予想外のトラブルに備える事ができます。AIG海外旅行保険に加入し安心してカナダ高校留学視察ツアーに備えます。

定員人数

最大10名(最小催行人数:なし)

滞在先・スタッフ

【バンクーバーについて】

カナダ国内最大の都市で、「世界で最も住みやすい都市」に5年連続1位に選ばれています(2013年以降は1位のトロントに次いで2位)。自然環境と洗練された世界クラスの都市生活を同時に楽しめ、観光客だけでなく、留学生に非常に人気の高い都市です。市内を循環しているバスや電車(スカイトレイン)などの地上交通機関だけでなく、フェリーを使ってビクトリア島への日帰り観光や、国境を越えてアメリカ・シアトルへも気軽に訪問することができます。日本からはカナダ航空(エアカナダ)を利用すれば直行便で訪れることができます。


【バンクーバーの気候】

【バンクーバーの気候】

カナダは「とても寒い国」というイメージがありますが、バンクーバーは比較的穏やかな天候に恵まれています。バンクーバーには日本と同じように四季がありますが、大きく分けると乾季と雨季の二つに分けることができます。

5月~10月の乾季の時期は、雨量も少なく最高気温が30℃を超えることが滅多にないのでとても過ごしやすい時期と言えます。反対に、11月~4月は雨季になり、徐々に雨が降る日が多くなりどんよりとした天気が続きます。バンクーバーはカナダの中でも沿岸気候に恵まれているため、真冬でも気温が氷点下になることは滅多になく、雪が降る日も多くありません。


【滞在先について】ホームステイ

【滞在先について】ホームステイ

初めての留学を安心して滞在できるようにホストファミリーを厳選しています。プライベートのベッドルームやバスルーム、洗濯機なども利用することができます。ホストファミリーは、厳しい審査を受けホームステイファミリーとなります。現地の日本人スタッフがインタビューと視察を行い、家中が清潔・快適・安全であり、利用者の部屋にはベットや机などがあるかどうかを審査します。多くの家庭では室内犬や猫を飼っていますが、ペットアレルギーなどがある場合は、ペット無しのご家庭をご用意します。


【現地サポートスタッフ】 ハンプトン 美香

【現地サポートスタッフ】 ハンプトン 美香

バンクーバー高等学院 学長 / 現地サポートスタッフ

カナダ在住25年以上、カナダ人の旦那と3人のお子さんとバンクーバー郊外に在住。サレー市内のバンクーバー高等学院の日本人スタッフとして、これまで約300名以上の留学生をサポート。時に厳しく、また大きな愛情で学生を包み込む「肝っ玉母さん」的存在として学生に大人気。PBLの関係者とも密に連絡を取り合い、当社野球留学生が安全且つ有意義にプレーできるようサポートに従事している。兵庫県神戸市出身。

リーグ情報

【PBL】リーグについて

【PBL】リーグについて

PBL(Premier Baseball League)とはブリティッシュコロンビア州に拠点を置くカナダ最高峰の高校野球リーグです。12球団が所属し、1軍(シニア)と2軍(ジュニア)でそれぞれリーグ戦を行います。1年生時から既に木製バットを使用する打者有利のリーグです。
チームには誰もが入団できるわけではなく、9月から11月にかけて行われる「トライアウト」に合格した選手のみレギュラシーズンでプレーすることができます。学期中でも平日の夜に公式戦が行われるほか、シーズン約50~60試合を消化する過酷なスケジュールが組まれています。


【PBL】リーグ概要

【PBL】リーグ概要

■ チーム数
12チーム(シニア・リーグ=1軍)
11チーム(ジュニア・リーグ=2軍)

■ 種目/属性
硬式野球(木製バット・7イニングの試合)

■ リーグ情報(日本語)
http://www.baseball-com.jp/doc/pbldetail.pdf


【PBL】所属チーム

【PBL】所属チーム

・Abbotsford Cardianls
(アボツフォード・カージナルス)
・Coquitlam Reds
(コキトラム・レッズ)
・Langley Blaze
(ラングレー・ブレイズ)
・Nanaimo Pirates
(ナナイモ・パイレーツ)
・North Delta Blue Jays
(ノースデルタ・ブルージェイズ)
・North Shore Twins
(ノースショア・ツインズ)
・Okanagan Athletics
(オカナガン・アスレチックス)
・Parksville Royals
(パークスビル・ロイヤルズ)
・Victoria Eagles
(ビクトリア・イーグルス)
・Victoria Mariners
(ビクトリア・マリナーズ)
・Whalley Chiefs
(ワーリー・チーフス)
・White Rock Tritons
(ホワイトロック・トリトンズ)

【PBL】主な出身プロ野球選手
・Ryan Dempster (Boston Red Sox)
’00年、’08年 MLBオールスター選出
・Jeff Francis (Colorado Rockies)
・Taylor Green (Milwaukee Brewers)
・Rich Harden (Oakland Athletics)
・Brett Lawrie (Toronto Blue Jays)
’09年ワールドカップ選手(銅メダル)
・Adam Lowen (Baltimore Orioles)
’09年ワールドカップ選出(銅メダル)
・Scott Matheson (Yomiuri Giants)
・Justin Morneau (Minnesota Twins)
’06年MLB-MVP、’07-’10年 MLBオールスター選出
・Michael Saunders (Seattle Mariners)  他多数
.


体験談・進学実績

新型コロナウイルス感染の影響で、2020年〜2021年のツアー開催は中止となりました。

【2019ツアー参加】 千葉県・真朴選手(投手)

【【2019ツアー参加】 千葉県・真朴選手(投手)
Langley Secondary 入学

<カナダに行って感じたこと>

・みんな優しくて気安く声をかけてくれた!
・英語は難しかったが、頑張れば会話が成り立つと感じた。
・身体の大きさに驚いた。自分のパワーアップしないと!

<留学を目指す後輩へのメッセージ>

野球のレベルは通用すると思いますが、コミュニケーションが取れないとなかなか厳しいと実感しました。チームメイトにどんどん声をかけて友達をたくさん作ると有利だと思います!


【2018ツアー参加】 京都府・寛斎選手(内野手)

【2018ツアー参加】 京都府・寛斎選手(内野手)
Yale Secondary 入学

<カナダに行って感じたこと>

・思った以上に会話ができた!
・正直守備は日本人の方がレベル高いが、打撃はエグかった!
・みんなのびのびプレーしていて楽しそうだった!

<留学を目指す後輩へのメッセージ>

野球のレベルは決して日本人は負けていないと感じました。ですが、自分からどんどんアピールする積極性とかはさすがだなと思います。日本みたいに指示を待つのではなく、遠慮せずに発言したり、相談することが大事です!


【【2017ツアー参加】 東京都・玖瑠璃選手(投手)

【2017ツアー参加】 東京都・玖瑠璃選手(投手)
Terry Fox Secondary 入学

<カナダに行って感じたこと>

・生活スタイルはさほど変わらず安心した。
・グラウンドでは上下関係がなく誰とでも接しやすかった。
・ピッチャーは球が速いだけでは通用しない。コントロールが大切!

<留学を目指す後輩へのメッセージ>

日本人はフィジカル面で劣っているため、力負けしないように体重増やす 必要があると思います(特に野手)。英語はあまりうまく話せなくても聞き取りを強化すれば最低限のコミュニケーションは取れるので頑張りましょう!


【2016ツアー参加】 北海道・侑吾選手(投手)

【2016ツアー参加】 北海道・侑吾選手(投手)
Sands Secondary 入学

<カナダに行って感じたこと>

・行かないとわからない学校やチームの雰囲気を肌で感じられた。
・自分の行きたい学校やチームが明確になった。
・野球の実力が通用したので自信がついた。

<留学を目指す後輩へのメッセージ>

英語は絶対話せないよりは少しでも話せた方がチームメイトとも学校の子とも仲良くなれるので日常会話をできるようにしてカナダに来たら最初からチームメイトとも馴染めて楽しいと思います!


【2015ツアー参加】 大阪府・大誠選手(投手)

【2015ツアー参加】 大阪府・大誠選手(投手)
Yale Secondary 入学

<カナダに行って感じたこと>

・日本と違った野球の文化楽しめた。
・練習時間が少ないので、自分で考えて練習できることが必要だと感じた。
・英語が学べて喋れるようになることで 日本とは違った生活ができる。

<留学を目指す後輩へのメッセージ>

・英語の単語をできるだけ勉強しておくこと。シャイな人はその性格を治しておくことくらいだと思います(笑)。


【2014ツアー参加】 兵庫県・真一郎選手(内野手)

【2014ツアー参加】 兵庫県・真一郎選手(内野手)
Sands Secondary 入学

<カナダに行って感じたこと>

・全てが初めての体験で楽しかった。留学すると決心できた。
・自然に囲まれていて治安も良く留学するには良い環境だった。
・身体の小さい日本人でも、スキルはカナダ人よりも上に感じた。

<留学を目指す後輩へのメッセージ>

自分の目で見れば不安が一気に解決するから、行った方がいいと思います。リスニングが出来ればたくさん会話ができるので、英語は早めにスタートしておいた方がいいです。


【2013ツアー参加】 大阪府・康貴選手(外野手)

【2013ツアー参加】 大阪府・康貴選手(外野手)
Yale Secondary 入学

<カナダに行って感じたこと>

・日本の野球とは全く違う、今までにないワクワク感を体験できた。
・新鮮な雰囲気が味わえ、渡米前と大きく留学に対する気持ちが変わった。
・パワーとスピードに驚いたが、日本人も負けてはいない。通用すると思う。

<留学を目指す後輩へのメッセージ>

留学は自分を変える大きなチャンス。留学には無限の可能性があると思います。とにかく単語の勉強、これに尽きると思います。語彙力が少ないと苦労します!


【過去参加者・進学先一覧】

参加年 出身地 属性 ポジション 入団チーム
2013 大阪府 硬式 外野 Abbotsford Cardinals
大阪府 硬式 投手 Coquitlam Reds
静岡県 軟式 内野 Coquitlam Reds
2014 神奈川県 軟式 投手 Coquitlam Reds
大阪府 軟式 外野 Whalley Chiefs
兵庫県 硬式 内野 North Delta Blue Jays
2015 東京都 硬式 内野 Whalley Chielfs
大阪府 硬式 投手 Abbotsford Cardinals
2016 北海道 軟式 投手 North Delta Blue Jays
大阪府 軟式 内野 Abbotsford Cardinals
大阪府 硬式 投手 Abbotsford Cardinals
2017 東京都 硬式 投手 Coquitlam Reds
東京都 硬式 投・外 Abbotsford Cardinals
東京都 軟式 内野 Victoria Mariners
愛知県 硬式 内野 North Delta Blue Jays
2018 京都府 硬式 内野 Abbotsford Cardinals
東京都 軟式 投手 Coquitlam Reds
東京都 軟式 外野 North Delta Blue Jays
東京都 軟式 投手 Okanagan Athletics
岡山県 硬式 内野 Okanagan Athletics
静岡県 軟式 投手 North Delta Blue Jays
2019 千葉県 硬式 投手 Langley Braze
大阪府 軟式 投手 Abbotsford Cardinals

出発までの流れ

お申込み
〜8/29(月)
インターネットまたは電話にてお申込みください。
海外往復航空券の予約・購入
お申込み後1週間以内
座席確保のため海外航空券の予約を行います。この時点ではパスポートがなくても問題ありませんが、予約の際に搭乗者氏名と生年月日情報が必要です。
参加費用のお支払い
お申込み後1ヶ月以内
ご参加費用及び海外旅行保険料、eTA申請費用などをお支払いいただきます(銀行振込)。
必要書類の提出
ご出発3週間前
パスポートのコピーや、申込書、ホームステイアンケート等を提出ください。
ホストファミリー確定
ご出発1週間〜3日前
現地でお世話になるホストファミリーの情報をご案内します。
出発前
Webオリエンテーション
ご出発1週間前
現地スタッフを交えてオンラインオリエンテーションを実施します。ツアースケジュールや持ち物の確認、現地滞在中の注意事項などを共有します。参加者同士の顔合わせも行います。
陰性証明書取得
カナダへ出発
ご出発前日〜当日
出発前日にPCRまたは抗原検査を受け、英文陰性証明書を発行してください。指定の時間と場所に集合いただき航空会社スタッフのエスコートでカナダへ出発します。

ツアー帰国後に、2023年9月留学希望者向けに「高校野球留学説明会」を実施する予定です。留学までの流れや必要な条件等をご説明させていただきます。

海外野校野球留学プログラムの詳しい情報はこちらから(外部ページ)

野球の経験がなく、初心者ですが大丈夫ですか?

原則、高校野球(硬式)の経験者が対象となります。詳細はお問い合わせください。

英語が話せませんが大丈夫ですか?

成田空港から当社スタッフが同行します。留学中も当社スタッフのほか、現地の日本人スタッフがサポートしますので、英語が話せなくても安心してご参加いただけます。

ホストファミリーは日本語が話せますか?

ホームステイでの生活は英語になります。事前にお渡しする「英会話ハンドブック」や電子辞書などを使いながらコミュニケーションを取るように努めましょう。ホストファミリーも簡単な日本語やスマートフォンの日本語翻訳アプリを利用して、選手との会話を楽しみます。

中学1年生でも参加できますか?

原則、中学2年生以上の参加となりますが、一度ご相談ください。

女の子でも参加できますか?

原則、男の子の参加となりますが、一度ご相談ください。

保護者は同伴できますか?

はい、できます。学生と一緒にホームステイをすることはできませんが、ホテルや送迎等の手配は弊社にて行いますのでご相談ください。

ペットアレルギーなのですが?

ペットを飼っていない、またはペットを外飼いしているホストファミリーをご用意します。

ホストファミリーはいつ頃決定しますか?

プログラム申込締切後、全参加者の情報をもとにホストファミリーをアレンジさせていただきます。ご出発の1週間前までに、ホストファミリーの写真や連絡先を添えてご案内致します。

ホームステイではどんな食事が出るのですが?

パスタやピザ、ステーキやフライドチキン、それにサラダやケーキなど、アメリカの典型的な家庭料理をいただきます。各自で白ご飯や味噌汁などの日本食を持参していただくことも可能です。ホストファミリーは日本の文化や習慣に大変興味があり、日本に訪れたことがある、または日本に長期間滞在したことがあるなどの「親日家」を基準に選定しています。

洗濯物はどうしたらよろしいですか?

ホストファミリーが洗ってくれます。但し、アメリカでは毎日洗濯をおこなう習慣がありませんので、下着や野球のユニフォームは2~3日分お持ちいただくことをお薦めします。

練習の服装はユニフォームですか?

現在所属している(所属していた)野球部のユニフォームで練習をします。ただし、セレクション時はオリジナルのTシャツとキャップを着用します。

野球用具は何が必要ですか?
【必要な野球用具】
グラブ / ミット / スパイク(金具・ポイントどちらも可) / 硬式用バット(お持ちの選手のみ) / ランニングシューズ など
【必要のない用具(現地にて貸出)】
硬式ボール / キャッチャー道具 / ヘルメット など
ツアー中にケガや病気をしてしまったらどうしたらいいですか?

同行している当社スタッフや現地日本人ガイドがケアをします。その他、事前に調査している最寄りの現地救急病院で治療を受けます。

ビザは必要ですか?

90日以内の現地滞在ですので必要ありません。ただし、短期滞在の場合は電子渡航認証システム(ESTA)の申請が必要となります。当社でもESTA申請の代行手続(有料)を行っていますので、詳細はお問合せください。

お小遣いは必要ですか?

ツアー期間中、ショッピングモールやスタジアムで買い物をする時間を設けております。過去の参加者の例では、およそ$300ほどあれば十分です。休憩中に飲むジュース代やお土産代など、個人で負担する金額のみをご用意ください。

お金はどのように管理すればよいですか?

海外渡航ではトラベラーズチェックが良く利用されますが、近年はほとんどのお店で受付けておりません。現金の場合、なるべく額の大きいお札($100、$50、$20)は避け、小さいお札($1、$5、$10)をご用意しましょう。また、現金の管理が心配な方は、未成年者でも利用可能な海外対応のキャッシュカード(お買いものなどで利用できるICカード)を利用します。詳細はお問合せください。

パスポートはどのように管理すればよいですか?

パスポートはお金よりも大事な「身分証明書」になります。滞在中に紛失してしまうと予定日に帰国できない事がありますので、留学中は当社添乗スタッフが責任を持って保管します。ただし自宅から成田空港まで、また成田空港から自宅までは個人で保管します。

ホストファミリーへのお土産は必要ですか?またどのようなお土産が喜ばれますか?

必ず必要ではありませんが、お箸、扇子、風鈴など、日本文化が詰まったお土産を用意すると大変喜ばれます。またホストファミリーは野球好きの家庭が多いので、日本のプロ野球チームのグッズも喜ばれます。

キャンセルはできますか?

ご請求書到着後、期日までにご入金がない場合は自動的にキャンセルとなり、キャンセル料は発生しません。また、ご入金が確認できた時点で正式なお申込みとなりますが、その後のキャンセルはキャンセル料が発生します。詳細は、参加規約にてご案内します。

参加費用をクレジットカードで支払いたいのですが?

クレジットカードは、取扱いしておりません。お振込でお支払いいただきます。